東京表参道にある表参道矯正歯科のマウスピース型矯正歯科装置

表参道駅 A4出口 徒歩0分

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン) MOUTHPIECE

表参道駅 A4出口 徒歩0分

マウスピース型カスタムメイド矯正装置
(インビザライン)とは

世界中に普及したマウスピースによる
目立たない矯正

アメリカのアライン・テクノロジー社が開発したマウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、
これまでに世界各国で600万人を超える方が治療を受けた実績のある矯正装置です。
透明な装置なので目立たず、装着していても周りからはほとんどわかりません。
また、ワイヤーやブラケットを歯につける必要がないため、痛みや違和感は大幅に軽減されます。
自分で取り外すことができるのも大きなメリットです。
食事や歯みがきなどは普段通りに行え、装置自体も清潔に保つことができます。

こんな方におすすめです
  • ワイヤー矯正は治療中の見た目が気になる
  • 装置をつけっぱなしにするのは痛そう
  • 食事や歯磨きに制限がかかるのはいやだ
  • アレルギーなので金属ワイヤーはつけられない
  • 矯正中でも装置を気にせず思いっきり笑いたい

豊富な症例による精度の高い治療

バーチャルシミュレーションがあるのも、マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)の特長です。600万を超す矯正治療の実績は全て保管されており、その膨大なデータから類似した症例を参考にするため、非常に精密なシミュレーションが可能です。臨床データが豊富なことは、精度の高い治療に直結します。もちろん日々症例データは増えており、その信頼性は常に向上しています。

手軽さが魅力の矯正治療

本格的な歯並びの矯正から、前歯だけなど部分矯正まで対応しているマウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)。改善が困難と判断したり、部分矯正は行わないなどの方針から、マウスピースによる矯正を受けない歯科医院もあります。当院では、日本矯正歯科学会の認定医である院長が口腔内の状態、全体の歯並びを確認した上で、治療可否を判断します。本格的な矯正、難症例にも対応する一方、奥歯の噛み合わせに問題がなければ、前歯だけの矯正も可能です。

メリット・デメリット

メリット

  • 本格矯正から部分矯正まで
    幅広く対応可能

  • ワイヤーを使用しないので
    違和感や痛みが少ない

  • 透明なため
    装置が目立たない

  • 食事や歯磨き時は
    取り外し可能

  • ホワイトニングが
    同時に行える

  • 金属アレルギーの
    心配がない

デメリット・注意点

歯肉退縮などのリスクがあります

歯を移動させることにより歯肉退縮や歯根吸収などが起こる場合があります。

治療期間が長くなる場合があります

1日20時間以上装置を装着していない場合や、指示に従っていただけない場合には治療期間が延びる可能性があります。

補助矯正器具が必要になる場合があります

お口の中の状態によってはマウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)のみでは想定していた歯の移動ができずに補助矯正器具が必要になる場合があります。

紛失した場合には別途費用が必要となります

万が一装置を紛失してしまった場合には再製作となり、別途費用が必要となる場合があります。

薬機法の対象外です

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は日本の薬機法の対象外のため、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。